ノルマのある仕事とノルマのない仕事について考察してみる。

目標設定や期限ありの課題が課せられる「ノルマ」
数字的な具体的な目標を課せられて目標未達となれば支給金額は基本給のみなど。

ノルマのある仕事に就いている従業員にとっては常に胃の痛い思いをしています。

具体的にノルマのある仕事とはいわば「数字を追う仕事」
例えば、営業職や接客業など対面での販売、サービス提案を行う仕事がそれらに該当します。

そうしなければスタッフは目標なき仕事に就くことになるわけで。
業績評価もできなくなるため、ノルマはしかるべき課題なのかと思います。

一方で、「ノルマのない仕事」があるとすれば?
どのような仕事がこれらに該当するのでしょうか。

具体的な職種でいえば事務職や総務など。
サポート業務をメインとする仕事がノルマなしの仕事になります。

言い換えるならノルマがなくても自走して仕事を行わなければならない仕事ともいえます。

ノルマがあってもなくても仕事は仕事。
与えられたミッションをいかに期待値以上にアウトプットできるか。

従業員に求められるレベル・スキルは常に高いものが求められます。